2013/10/21

フォーム分析ソフト「Kinovea」が便利すぎる件(動画あり)

せっかくフォーム動画を撮影(この間の記事参照)したので、フォーム分析に役立ちそうなソフトを探していたら・・・

超絶便利ソフト、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


物体を自動的に追跡して軌跡を描いてくれたり(上の黄色は足首の軌跡)、動画に補助線を引いて姿勢を調べたりが、簡単にできます。これはランニングだけでなく、どんなスポーツでも役立つはず。

まだちょっと遊んでみただけですが、前回の動画記事のコメント欄でたのくるさんに教えていただいたとおり、前傾姿勢になっていないのが見事にわかりました!

他にも、スロー再生、角度計測、画面分割、静止画・動画出力、軌跡座標の出力などなど、機能盛りだくさん…。



機能をフル活用しなくても、ループ&スロー再生だけでも役に立つと思います。


簡単な使い方を動画にしてみたので、興味のある方は↓をご覧ください。



※携帯版/高解像度版動画はYoutubeにて。


ソフトの名前はKinovea。英語版しかなく、Windowsオンリーですが、無料です。
(違う人が作ったいる似たソフトにDartfishというのもあり、日本語版もありますが、こちらは有料。)

機能がたくさんあるのでまだ使いこなせてないですが、また前回の動画のフォーム分析のため、Kinovea動画を作ってみようと思います(まだまだフォームに関するアドバイスは募集中です)!

ちなみに、撮影時はヒザや腰などに目立つシール(マーカー)を貼ると、追跡がしやすかったようです。


他にもいろいろなスポーツのフォーム分析に使われているみたいですが、下のランニングのとか、凝ってますね~。

Kinoveaを使ってフォームを分析している他の人の動画(Youtube)


関連サイト(外部サイト、英語)


追記:使い方のコツ

  • ハンディカムから出てきた*.m2ts形式はうまく扱えなかったので、PMBで*.mpgに変換してから使いました。その際、短い動画のほうが編集しやすいので短くしています。
  • ショートカットは、十字キー左右でコマ送り、上下でスピード変更。Ctrl+マウスホイールで拡大・縮小。
  • Options > Preferencesにて詳細設定可。
    • Playbackから作業領域を最大にすると効率がいいです。画質が荒かったので"Always deinterlace..."というのもONにしたら直りました。
    • Drawings > Persistence > Enable Persistence をONにすると、描いた線などが複数のコマに残ります。
  • File > Save 
    • 動画で保存するときは、"Permanently paint .."で。推奨は*.avi。
    • 動画上の作業内容だけを保存するときは"Save only the key images data"。後ほどFile > Load key images dataからロードできます。
<ランキング参加中>


4 件のコメント:

  1. すごいのがあるんですね。
    この記事を見てフォームを撮影する人増えるかもしれないですね。

    返信削除
    返信
    1. たのくるさんアドバイスをというアドバイス、いただけて良かったです♪
      おかげで捗りそうです。

      いろいろな方のフォーム、ぜひ見てみたいものです♪
      フォームから故障しやすい傾向(左右のアンバランスなど)などわかる
      かもしれないので、そういう意味でも使えそうですね。

      削除
  2. このソフト面白いですね! こういうの大好きです。ランニングおたくでしょうか(笑)
    残念ながら我が家にはWindowsマシーンが無いので、Mac用のソフトを探しています。もし見かけたら教えてください。

    返信削除
    返信
    1. 私もこういうの大好きですので、気が合いますね(笑)
      Macというか、iphone/ipad用だとスポータライザやCoach's Eyeというアプリがあるようです。

      私は使ったことないのであまり高度なことができるかわかりませんが、スロー再生や連続写真を撮ったりぐらいはできるみたいです。

      https://itunes.apple.com/jp/app/supotaraiza-lite/id619861373
      https://itunes.apple.com/jp/app/coachs-eye/id472006138

      削除